- Gamer's Square -

-HOME- -攻略HOME- -掲示板- -ブログへ- -新作カレンダー-

-SAVEDATA- -デモ館- -ニュース- -レビュー-


 【Title】: ALICEぱれーど  【ブランド】: ユニゾンシフト:ブロッサム
 【ゲームタイプ】:不思議の国のハーレムADV  【発売】: 2007/10/12
 【属性】:ツンデレ・獣耳・ロリ  【種別】:萌え系

【スタッフ】

■原画:伊東雑音、Pero
■シナリオ:神野 マサキ/博恵 夏樹/玉沢 円/他

ALICEぱれーど 攻略
ALICE▼ぱれーど デモムービー(デモ館)

【体験版等】
メーカーサイト(ユニゾンシフト)から体験版、
デモ、壁紙、他DL可能。

【Amazon】
ALICE▼ぱれーど
”ユニゾンシフト”で検索


【キャスト情報】

■深織:ありす
■シルク:安玖深 音
■ねこさん:涼森 ちさと
■ルナ:木村 あやか
■ファニー:みる
■山根さん:理多
■ラヴィニア:海原 エレナ
■ルージュ13:成瀬 未亜
■エムドリ:成瀬 未亜
 【Gamer's Square月別人気・不人気投票データ】
 【人気投票率】: 実施中  【地雷投票率】: 実施中



 【レビュー】  【執筆】: Asyu さん
 【シナリオ】  【評価】:      79         点
(ストーリー紹介)※オフィシャルサイトより

牧野亜梨須は、ごく普通の大学生。ちょっと変わったところといえば、料理が趣味なことと、とんでもなく女癖の悪い兄と弟がいることくらい。今日は年に一度の誕生日。だというのに、目覚まし時計が壊れて寝坊し、朝ごはんの目玉焼きを焦がし、通学に使っているバスは渋滞で遅れ、急ブレーキで頭を柱にぶつけ、おまけに講義は遅刻・・・という、最悪な一日のスタートになってしまった。ふてて講義をサボり、大学の構内での庭で居眠りしていた彼の前に、白いウサギの耳を生やした不思議な女の子が現れる。

『お前、今日が誕生日だそうだな。ちょうどよかった』

わけのわからぬまま女の子に足を引っ張られ、ありすは巨大な穴に突き落とされてしまう。・・・そして落ちた穴の先は、お菓子がいっぱいで不条理でへんてこな世界。森と湖の広がるファンタジー世界『夢の国スウィートワンダーランド』だった。不思議で可愛い夢の国の住人たちは、なぜか女の子ばかり。そして、最後に登場するのはありすと同じ世界からやって来た少女『アリス』。

夢の国の女王は、ありすとアリスの2人に何故かお互い競争をしろと命じるのだけれど・・・。夢の国に長くいると、元の世界での出来事を段々と忘れていってしまう。果たして主人公ありすは、『アリス』との競争に勝ち、無事もとの世界に戻ることが出来るのか。


(コメント)

不思議な国に迷い込んだ主人公が、ヒロイン達と出会い、元の世界にもどるために行動する話。

ドタバタコメディ的なシナリオで、テンポは良いのですが、同じようなパターンの繰り返しがあり、

人によっては飽きてしまうこともあるかもしれません。

メインヒロインと思われる、深織以外のシナリオが、

<ネタバレ>元の世界に戻らず、不思議の国でそのまま生活し続けるという<ここまで>※ネタバレ反転

微妙な終わり方をするのが、少し気になりますが、世界観や設定的にはおkなのかなと思ったりもします。

シナリオ重視の方にはオススメできませんが、実用目的でシナリオもそこそこ楽しみたいという方には

楽しめる内容になっていると思います。

また、萌え要素が多いので、萌え重視の方にもオススメします。

 【システム】  【評価】:      80         点

■システム(機能)

・Hシーン回想
・CG回想
・ボイスカット・個別調整
・エフェクトカット・調整
・メッセージ速度調整
・オートモード・速度設定
・未読スキップ
・クイックセーブ&ロード
・サムネイル(セーブ/ロード画面)
・ジャンプ機能(シーンスキップ)
・右クリック・キー等の割り当て
・ウィンドウモード(800x600)

■システム(コメント)

基本的なシステム以外は、特殊なシステムはなく、右クリックの設定が少し多い程度

(セーブ画面呼び出し、クイックセーブやロード、スタンプ画面呼び出し、メッセージ履歴画面など)

文字速度は、ウェイト無し、はやい、おそいの3種から選択

オートモードも、はやい、ふつう、おそいから選択するようになっています。

エクストラには、CG鑑賞、シーン鑑賞、音楽鑑賞のほかに、立ち絵の鑑賞があります。

特に不便な点はなく、快適にプレイできるシステムになっていると思います。

 【グラフィック】  【評価】:      78         点

CG枚数が70枚、SDCGが40枚の合計110枚(差分なし)

CGのほとんどがHシーンのCGで、通常イベントのCGはかなり少なめ

専門的なことはわかりませんが、CG、背景ともに、丁寧に作られており、綺麗な部類に含まれると思います。

 【サウンド】  【評価】:      75         点

世界観にあったOPやBGMが印象的。

しかし、EDテーマがないのが非常に残念です。

 【実用関係(グラフィック、他含む)】  【評価】:      90         点

■実用(シーンの種類)

・ラブラブ
・フェラ
・アナル
・器具(バイブなど)

■実用関係(コメント)

各ヒロイン5〜6シーンに加え、複数人のシーンが3シーン合計で42シーンあります。

ロリ、獣耳、半脱ぎ、衣装もバニー服やメイド服などさまざま

シーンの種類もヒロインによって、さまざまなパターンがあり、十分楽しめる内容になっていると思います。

 【総評】  【評価】:      83         点

前作、『ななついろドロップス』とは、かなり違った雰囲気の作品になっています。

前作が純愛路線だったのに対して、今作は、実用的な作品になっていると感じました。

シナリオは、楽しめるものにはなっているとは思いますが、シナリオ重視な方には、あ

まりオススメできるものにはなっていません。

しかし

萌え・エロ・ファンタジー(またはファンシー)

この3つのうち2つ以上が好きな方は、十分楽しめる作品になっていると思います。



■このゲームをプレイされた方は感想などがあれば感想の投稿もどうぞ■





-HOME- -攻略HOME- -掲示板- -ブログへ- -新作カレンダー-

-SAVEDATA- -デモ館- -ニュース- -レビュー-


- Gamer's Sqaure -





広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット