- Gamer's Square -

-HOME- -攻略HOME- -掲示板- -ブログへ- -新作カレンダー-

-SAVEDATA- -デモ館- -ニュース- -レビュー-


 【Title】: Always
       〜ふと、気が付けばキミとの日常…〜
 【ブランド】: daisy feat.戯画
 【ゲームタイプ】:メイド喫茶+書店ADV  【発売】: 2006/11/10
 【属性】:ツンデレ、お姉さん系、妹系、同級生  【種別】:

【スタッフ】

◆原画: てんまそ
◆シナリオ: 田中一郎、秋史恭、HARE

◆- Always 主題歌 「紅茶におまじない」
- 歌手 / 真優
- 作詞 / 真優
- 作曲 / 松浦貴雄

【体験版等】

メーカーサイト(daisy feat.戯画)から主題歌、
ムービーがDL可能。
体験版はなし

※修正パッチあり


【キャスト】
水乃森 佳澄(みずのもり かすみ) :  大谷鞠花
入谷 詩帆(いりや しほ) :  憂木あん
水乃森 雫(みずのもり しずく) :  綾川りの
北上 可名子(きたがみ かなこ) :  桜川未央
櫻木 沙耶(さくらぎ さや) :  ヒマリ

【その他】

【Amazon】】『Always』
【Amazon】”戯画”で検索

Always 攻略

 【Gamer's Square月別人気・不人気投票データ】
 【人気投票率】: 5票/1.0%  【地雷投票率】: 28票/21.9%



 【レビュー】  【執筆】: リーシャスさん
 【シナリオ】  【評価】:      80         点

==================ストーリー(公式サイトより抜粋)=====================

「Romantic Fool(ロマンティックフール)」
喫茶店と書店が合わさった、そこはちょっとだけ新しい場所。

主人公・櫻木和哉(さくらぎかずや)は、身勝手な両親の都合やら店のオーナーである従姉の独断やら……いろいろな事情が重なって、そこで店員としてアルバイトを始めることになる。

店を彩るのは紅茶にお菓子。
そしてもちろん、個性豊かでかわいらしいウェイトレスたち。
これは、そんな彼女たちと過ごすなにげない日々の中に咲いた、小さな恋のものがたり。

===================================================================

全体的に悪くないと思います。むしろ良い部類に入るかと。ただ戯画が関与している割には満足度が低めです。全員がどのような性格を有しているのかをまず掴ませておいて、それぞれのキャラルートに入るとまさに一直線という感じです。基本的にラブラブな感じで終始します。ただ雫のルートは最初???な感じですが、要は姉妹愛ということです。それと可名子ルートでは主人公が多少ヘタレな印象です(笑)多少問題を抱えている二人ですから。

サブタイに日常と付けていることから、現実で起こりそうな日常の1コマをアップして魅せるというコンセプトかと思われます。

 【システム】  【評価】:      65         点


エフェクト、ボイスカット共に個人調整ができないのが難点と言えば難点。他の機能については問題ありません。スキップ速度も違和感なし、回想やミュージックモードも完備されております。

システム(設定、機能) :

Hシーン回想、 CG回想、 メッセージ速度調整、 未読スキップ

 【サウンド】  【評価】:      80         点

柔らかい、胸の奥が暖かくなるような曲多数です。季節感が出ている感じがして非常に良好です。秋から冬に移行する期間になってこのような曲を聴くとホッとしますね^^

一つ不満があるとすれば、ボーカル入りの曲が無いことですか。エンディングくらいは入れて欲しかったですね。

 【グラフィック】  【評価】:      85         点

各キャラ毎に17、18枚のCG。ただ沙耶にはその他のCGも含まれているため多少多くなっています。こういったゲームにしてはCGの数は少ないですね。えち関係のCGが50%を占めていますので、もう少し通常のものを増やして欲しかったです。

立ち絵に関しては不満はありません。表情も多目ですし、服も日常のものと喫茶店のもの(プチメイド服?)でした。キャラデザインも被っているキャラはいませんし、なんとなくデザインから性格が思い浮かぶような感じでした。そういった意味ではゲームに移入しやすいかと。

 【実用関係】  【評価】:      75         点

各キャラ3回。喫茶店のお話なのでヒロインの方々は皆メイド服のようなお店の制服を着ています。必然的にコスプレしているようなもんですね(笑)胸が小さいにも拘ず、パイズリを試みるキャラが若干名いますが、それはそれでイイですね。内容的には全員ラブラブエッチな感じで、ほんわか〜な雰囲気漂ってます。

<以下ネタバレ>
雫はエンディングのシーンでウエディングドレスにてえちに突入しますが、これは今までに無い感じで印象的には良かったですね。
<ここまで>

えち関係 :

コスプレ、 ふ○ら、 らぶらぶH
 【総評】  【評価】:      80         点

戯画関連にしてはシナリオ的にもの足りないかな、とも思えます。「恋もも」という同じ戯画関連の作品はもう少しクオリティ高めでした。選択肢を選ぶことでルートが決まってくるのですが、その選択肢も多くても10回というところですね。

キャラデザイン、CG等は大変良好です。綺麗ですし、特に違和感を感じるところもありませんでした。サウンドもボーカル無しを除けば文句ありません。ただシステム関係と実用度という点においては今一歩、というところでしょうか。

総合的に先入観を入れなければ文句無く良作の部類に入るものと思われます。季節感を重視した初雪の舞いそうな感じが大変いいです。本格的な冬になる前に是非^^




-HOME- -攻略HOME- -掲示板- -ブログへ- -新作カレンダー-

-SAVEDATA- -デモ館- -ニュース- -レビュー-


- Gamer's Sqaure -





広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット