- Gamer's Square -

-HOME- -攻略HOME- -掲示板- -ブログへ- -新作カレンダー-

-SAVEDATA- -デモ館- -ニュース- -レビュー-


 【Title】: Bullet Butlers  【ブランド】: propeller
 【ゲームタイプ】:銃と魔法と執事と主のファンタジーAVG  【発売】: 2007/07/27
 【属性】:ツンデレ  【種別】:燃え系

【スタッフ】

■原画:中央東口
■シナリオ:東出祐一郎
■音楽:Antistar

【体験版等】
メーカーサイト(propeller)から
体験版、デモ、壁紙などがDL可能

【デモ館】
Bullet Butlers デモムービー


【キャスト】

■セルマ:佐本二厘
■ヴァレリア:九条信乃
■渡良瀬 雪:このかなみ
■エルネスタ:嬉野祥子
※その他脇役、男キャラにもボイスあり

Bullet Butlers 攻略

【関連】

【Amazon】Bullet Butlers
【Amazon】”propeller”で検索

 【Gamer's Square月別人気・不人気投票データ】
 【人気投票率】: 51票/9.3%  【地雷投票率】: 5票/2.6%



 【レビュー】  【執筆】: ゴリポン さん
 【シナリオ】  【評価】:      90         点
<ストーリー紹介>※オフィシャルサイトより

天地が空で分かたれ、天に『ブレシグランド』、地に『ゴルトロック』の名が付く世界での話。かつて、ゴルトロックには剣と魔法の時代があった。広原をモンスターが闊歩し、人間が、エルフが、ドワーフが、様々な種族がそれぞれまだ争っていた時代が。しかし、天を追われた不死の王が屍兵を率いて世界を暗黒に変えようとしたとき。ゴルトロックの種族すべてが結束し、選ばれた八人の英雄が不死の王を打ち倒した。神は彼ら八人に大いなる栄光を授けたという…………。

――そして、それから二千年後。
産業革命が起きた。民主主義が台頭し、剣は銃に取って代わられ、魔法は科学と融合した。モンスターは絶滅危惧種として保護され、人間の文化を受け容れたエルフやドワーフ、ゴブリンやオークたちは自然の中で生きる術を忘れ、石と鉄で造られたビル立ち並ぶ街に馴染んだ。

オセロットシティは世界でもっとも多様な種族が住む街。八英雄の中でも、竜に変身する種族・ドラゴニュートのイングリッド・フォルテンマイヤーは特に名高い。神に選ばれしその末裔『ミスティック・ワン』として現代に生きるランド・フォルテンマイヤーもまたシティを代表する傑物として知られている。ハーフエルフである主人公リック・アロースミスは、ランドの義理の娘でミスティック・ワン後継者の資格を持つセルマ・フォルテンマイヤーに仕える執事だ。

彼は意志ある魔銃ベイル・ハウターを手に、常に主を敵から守り、時に主の過去に思いを馳せる。セルマはかつてある事件を境に、翼以外は竜の姿を取れない不完全なドラゴニュート、「ラッカー(変身能力欠落者)」となった。以来、厭世的に生きる彼女に、リックは心を砕いているのだ。それでも、セルマや彼女の友人ヴァレリア・フォースター、ヴァレリアの執事である渡良瀬雪たちに囲まれた日々は平穏と呼ぶことが出来た。

しかし、遥か過去よりミスティック・ワンを怨敵とする聖導評議会にランドが暗殺されたとき。
リックの、セルマの、そして二人を取り巻く小さな世界が大きく流転し始める──。



<コメント>

全体的にまとめられていて、結構な長さです。
ときどき入るコミカルな絵とギャグもありますが基本は真剣な物語です。
また過去話もしっかりしていて謎が残ることはありません。
キャラも「こいつが一番強い」なども無く、毎回勝ち負けが変わり先が読めないようになってます。
バトルシーンも多くハラハラものです。
ただ、最後のエンディングが物足りなく感じたのが唯一の欠点でした。

<ここからネタバレ>
セルマルートでエルネスタがリックの時計にかけた魔法がなんだったのかが分からなかった
あれはなんだったのだろうか?
私が見過ごしたのでしょうか

<ここまで>

 【システム】  【評価】:      80         点

■システム(機能)

・Hシーン回想
・CG回想
・ボイスカット・個別調整
・エフェクトカット・調整
・メッセージ速度調整
・オートモード・速度設定
・未読スキップ
・クイックセーブ&ロード
・右クリック・キー等の割り当て
・ウィンドウモード(800x600)

■システム(コメント)

特に困ることはなっかたです。
だいたいはそろっています。
あえて言うならマウスの右・真ん中のボタンを変えられるぐらいでしょうか

 【グラフィック】  【評価】:      90         点

全部で167枚と結構多めです。(内エロは21)
また気になったのは主人公やヒロインより敵キャラやバトルシーンの方が多いということです。
バトル中心のゲームですが、もう少こし日常シーンのCGが欲しかったですね。
また「血」のCGが多いのでそういうのが苦手な人はキツイかもしれません。

 【サウンド】  【評価】:      75         点

OP 「one bullet that changes the world」
挿入歌「Enemy Within」
ED「From That Time of Choice」

全ての歌が英語です。
歌としては良い方だと。

 【実用関係】  【評価】:      80         点

■実用(シーンの種類)

・ラブラブ
・フェラ
・凌辱

■実用関係(コメント)

全シーンで11
メインヒロインは各1回で残りはサブキャラです。
またサブキャラですが陵辱シーンが2回入ります。
これは避けて通れないので見るしかありません。
ただメインキャラには無いので安心かも(サブキャラが好きな場合はキツイか)
長くもなく短くもないです。

 【総評】  【評価】:      90         点

全体的にかなり良いできになっています。
良作ぞろいの7月でも上に入るでしょう。
多少延期もありましたが、それにみあうだけのゲームになっています。
真剣なバトルとコミカルなギャグも共に面白いです。
結構長いのでやりがいがあると思います。

バトルシーンがかなり多く、面白いのでそっち方面が好きな方にはオススメです。



夢求さんもこの作品のレビューを書かれています ⇒ こちら



-HOME- -攻略HOME- -掲示板- -ブログへ- -新作カレンダー-

-SAVEDATA- -デモ館- -ニュース- -レビュー-


- Gamer's Sqaure -





広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット