- Gamer's Square -

-HOME- -攻略HOME- -掲示板- -ブログへ- -新作カレンダー-

-SAVEDATA- -デモ館- -ニュース- -レビュー-


 【Title】: E×E(エグゼ)  【ブランド】: ゆずソフト
 【ゲームタイプ】:ADV  【発売】: 2007/06/01
 【属性】:・ツンデレ、姉系、妹系、ロリ  【種別】:・萌え系、・燃え系、ロリ系

【スタッフ】
■原画 :  むりりん&こぶいち
■シナリオ :  天宮リツ
■BGM制作 :  Famishin
■ボーカル曲制作 :  Angel Note
■ボーカル曲 :  2曲
■歌手名 :  榊原ゆい/霜月はるか

【関連】
JANコード: 4560100333164

E×E(エグゼ) 攻略
デモ館:EXEOPデモムービー(youtube)
ぶらばん! レビュー(前作)

【体験版等】
メーカーサイト(ゆずソフト)から体験版、
デモ、キャラ別ムービーがDL可能。
また、修正パッチが公開されています


【キャスト情報】
野宮 悠 :  青山ゆかり
籠 夏希 :  みる
貴船 未緒 :  風音
伏見 真姫奈 :  榊るな
八坂 紫織 :  成瀬未
白峰 沙耶 :  一色ひかる
日向 紅葉 :  佐本二厘
伏見 鈴乃 :  野神奈々
上御霊 円 :  榊原ゆい

【Amazon】E×E(エグゼ)
【Amazon】ぶらばん(前作)

 【Gamer's Square月別人気・不人気投票データ】
 【人気投票率】: 40票/10.5%  【地雷投票率】: 18票/10.5%



 【レビュー】  【執筆】: Asyu さん
 【シナリオ】  【評価】:      65         点
(ストーリー紹介)※オフィシャルサイトより

火事起こった。八坂総合病院で起こったその火事は、付近を巻き込むほどの大火災となって沢山の被害をもたらした。そこには、とある研究のために病院で働いていた伏見籐矢の母親、伏見鈴乃も含まれていた。
………

火事から10年、籐矢は人並みの幸せと不幸せを味わいなら、ごくごく普通に成長する。しかし、未だ彼の心には母親を失った事故の記憶が深く刻み込まれていた。燃え盛る炎と、何も出来ない子供の自分、そして母を失ったという過去。そんな悲しみを抱えながらも、妹の真姫奈と姉のような白峯沙耶と楽しく暮らしていた。

そんなある日――
いつもの日常を送る籐矢は見知った顔の女性を見かける。それはどう見ても伏見鈴乃にしか見えない女性だった。籐矢はどうしてもその女性のことが気になり、その姿を追いかける。

そして対面した女性は、間違いなく自分の母親であった。その母と会話する籐矢だが、どこか、違和感を覚える。そんな籐矢に対して、鈴乃は笑いながら襲い掛かってきた。自分の母親に突然襲われ、抵抗することもままならずそのまま命の危機に晒される。そこに突如現れた日本刀を手にした女性が籐矢の命を救うが―

死んだはずの母親が生きている理由、目的、その行動。
そして、母親が関わっていたという研究……

全てがわからぬまま困惑すると同時に、籐矢の胸の奥にはとある気持ちが湧き上がる。
母さんが生きているなら……今ならまだ……
――抱え込んだ悲しみと過去と対峙する伏見籐矢は、真実を求めて歩き出す。


(コメント)

攻略可能ヒロインは5人(BAD?もいれれば6人になるのかな?)。メインなお話は3ルートで

悠(+円)
夏希(+沙那、紅葉)
未緒

というかんじです。

個人的には、まぁまぁおもしろかです。特に、乳の好みがルートに影響を及ぼすところはわらえました。謎解きというか、こいつ〜なんじゃ・・・というところは予想しやすいですが、もしかすると意図的にわかりやすくしてるんじゃないかという感じもしました。

しかしながら・・・

円ルートが、完全に学園物になっており、そこまでにあったことを主人公が忘れ去ってしまってる感じがして、何か不自然だったり。沙那ルートが完全に夏希のオマケにしかなっていなかったり。未緒ルートのラストの未緒がどうなったのか(どこに行ったのか)書かれてなかったり

と、いろいろ消化不良な部分があります。

あとは、全体のボリュームが少ない気もします。

挙句の果てに

<ネタバレ>
敵同士が勝手に食いつぶしあってくれるので、主人公、ヒロインサイドが何もしなくて
も、いつの間にか敵側は1人だけとかどうなのよ?

<ここまで>

って感じもします。

うまくまとめたつもりなのでしょうが、逆にまとまりすぎて、不自然な感じがします。

 【システム】  【評価】:      70         点

■システム(機能)

・Hシーン回想
・CG回想
・ボイスカット・個別調整
・エフェクトカット・調整
・メッセージ速度調整
・オートモード・速度設定
・未読スキップ
・クイックセーブ&ロード
・サムネイル(セーブ/ロード画面)
・ウィンドウモード(800x600)

■システム(コメント)

その他、選択肢後のスキップ継続や、オート継続

日付常時の有無や、セリフ時のBGMダウンの有無などの設定があります。

特に目新しいシステムや、特筆したシステムはなく、いたってシンプルなシステムです。

 【グラフィック】  【評価】:      75         点

CG枚数は84枚(差分なし)

個人的には、特に円との屋上のキスシーンと、悠との屋上でのキスシーンが、かなりいい感じでした

気持ち少し少ない感じはしますが、、むりりん、こぶいちの両氏の絵が好きな私は大満足です。

両氏が好きな方は満足できるのではないのでしょうか

 【実用関係(グラフィック、他含む)】  【評価】:      65         点

■実用(シーンの種類)

・ラブラブ
・フェラ

■実用関係(コメント)

1人あたり3シーン
といっても、メインルートの悠、夏希、未緒に限ったこと
円、沙那はその他扱いです・・・

悠、夏希、未緒が3シーンづつ
円、沙那、紅葉、その他(名もない研究員?のレズシーン)で1シーンづつです

メイン3人にいたってはこれでいいかもしれませんが、円、沙那の扱いがひどすぎます・・・
1シーンだけのヒロインにいたっては、選択肢すらありません・・・
ちょっとひどすぎじゃないんでしょうか?;

とりあえず、最悪、円と沙那のシーンは増やしてほしかったですね・・・
非常に残念です。

 【総評】  【評価】:      70         点

前作の「ぶらばん」から、良くも、悪くも成長したことがわかる作品でした。

前作と違い、しっかりデートイベントや、外出イベントもありましたし、服装も各キャラ2種はあり、前作の教訓をいかしている感じはしました。前作より共通ルートが短くなり、個別ルートが長くなりましたが、前作よりボリューム落ちした感じがするのが残念です・・・

前作の学園ものと、がらりと変わった今回のバトルもの。ジャンルが違うので、比較しにくいですが、ともかくゆずソフトのこれからの可能性を1つ増やせた作品になったと思っています。

次回の3作目でパシっと良作を出してドカっと決めてほしいというのが私の願いです。



夢求さんもこの作品のレビューを書かれています ⇒ こちら



 【感想】 修羅さん

ストーリーの根幹のところはシリアスだけど、途中途中で萌え要素が顔を出してきて、むしろそちらがメインといった感じ。バトルもあって一応燃え要素もあるけど、中途半端な感じは否めません。シリアス路線+燃え重視ならちょっとお勧めしにくいです。この点で”おススメ”というにはシナリオが薄すぎて、もっと練りこみが必要でしょう。反面、キャラ萌え重視ならエロもそこそこの尺があるんでそれなりに満足できるんじゃないでしょうか。日常描写的な部分にはうまく萌え要素も織り込まれているので、むしろ萌えゲーとして割り切ってやるのが良さそうな気がします。ここで書いてることは体験版プレイすればだいたい分かると思いますので、まずは体験版をどうぞ



-TOP-





-HOME- -攻略HOME- -掲示板- -ブログへ- -新作カレンダー-

-SAVEDATA- -デモ館- -ニュース- -レビュー-


- Gamer's Sqaure -





広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット