- Gamer's Square -

-HOME- -攻略HOME- -掲示板- -ブログへ- -新作カレンダー-

-SAVEDATA- -デモ館- -ニュース- -レビュー-


 【Title】: 背徳の学園2〜闇を継ぐ者〜  【ブランド】: Liquid(リキッド)
 【ゲームタイプ】:黒魔術凌辱AVG  (発売:2007年2月23日)
 【属性】:妹系、同級生、幼馴染、ロリ、触手、他  【種別】: 実用系、ロリ系、凌辱系

【スタッフ】
原画 :   八葉香南
:   Louis&Visee
シナリオ :   永沢壱朗


【その他】

Gamer's Squareに攻略有り

【Amazon】背徳の学園2〜闇を継ぐ者〜
【Amazon】背徳の学園 〜闇に捧げられた乙女たち〜
【Amazon】”Liquid”で検索

 【Gamer's Square月別人気・不人気投票データ】
 【人気投票率】: 4票/1.0%  【地雷投票率】: 2票/2.2%



 【レビュー】  【執筆】: 多謝さん
 【あらすじ】※オフィシャルサイトより

主人公、榊原達也は無気力に毎日を過ごす平凡な学生だったが

魔女<ドミニク>と契約を結んだときから禁断の魔の道へと踏み込んでいくことになる。

女教師、クラスメート、幼馴染とその家族、果てはこの地に住まう魔女たちまで

次々と達也に淫らな身体を捧げることになる女たち。

最初はとまどっていた達也もやがて環境に慣れ、また魔女・ドミニクの煽動もあって

ほの暗い獣欲と魔術の底なし沼へと足を踏み入れていく

 【シナリオ】  【評価】:      60         点

 内容は題名のとおりの陵辱系。その手の方には好評だった前作の続編となります。
前作同様、魔法の力でヒロインを次々に貶めていく手法は健在。テキスト量は前作を上回るものだと思います。
ただ私的には、いまいちテキストに臨場感や背徳感がにじみ出ていなく感じました。

 実用作品としては中途半端だった感じもしますので評価は辛め。誤字脱字などはあまり見られなく、そういう意味では及第点。EDは8種類。ハッピー系EDから救いようの無いEDまでいろいろ取り揃えてます

 が、サブキャラの動かし方・存在意義などに疑問な点が多く、ぱっとしなかったように思えます。せっかくいいキャラクターが揃っているのだからバリエーションのある役割を期待していたのですが・・・・。特に杏奈・奈留などはどのシナリオでも同じような嬲られ方をしているように感じました。目先を変える努力をしないと飽きられると思います。

 実用系なので感動系のようなシナリオに期待していたわけではないのですが、実用系
のテキストとしては配慮に欠く部分が多かったように思います。

 【システム】  【評価】:      60         点
■システム(機能)

・Hシーン回想
・CG回想
・ボイスカット・個別調整
・エフェクトカット・調整
・メッセージ速度調整
・オートモード・速度設定
・未読スキップ
・クイックセーブ&ロード
・バックグラウンドでの動作
・ウィンドウモード(800x600)

■システム(コメント)

liquid恒例のシステムです。
必要最低限のシステムが揃っているといった感じ。
スキップが早いのは好印象。システム自体も軽くさくさく進められました。

エフェクト効果は実際に使用しているほどは感じられませんでした。
もう少し効果の高い使用方法がある気はします

 【グラフィック】  【評価】:      70         点

 原画は八葉香南さん、Louis&Viseeさん。
私は見たことの無い方でしたが、CG自体はそれなりのレベルだったと思います。

 ただCGによって出来にばらつきがあること、制服を除く服の趣味が私の好みと合わなかったことから評価を下げました。後段部分は好みだと思うのでHPでご確認のうえご判断ください。
 
 CG枚数は87枚(CGモードより、差分除く)
差分がそこそこあるのでボリュームはそれなり。差分が表情のみの小さいものが大半だったのは残念。
陵辱系のため95%近くがエロCGであるので注意が必要です。
 
 立ち絵は各キャラ5-10ぐらい?CG差分と同じように顔の表情だけの変化しかないので、その場面での心情などをうまく表現できていない気がしました。まあ、全編エロシーンみたいなものなので、さして重要では無いと思います。

 【サウンド】  【評価】:      55         点

BGMは12曲、ボーカルはなかったと思います。
前作のパクリというか使いまわしが多かったのと、曲数が少ないのがマイナスポイント。
BGMとしては可もなく不可もなくといったところ。特に印象に残るものはありませんでした

 【実用関係】  【評価】:      85         点
■実用(シーンの種類)

・フェラ
・アナル
・器具(バイブなど)
・SM(拘束など)
・凌辱
・触手

■実用関係(コメント)

 回想シーンは57シーン。さすがのボリュームです。と言うか全編エロな気がします。その量には脱帽です。キャラ数もバリエーション豊富な9人なので、気に入るシーンと言うのは必ずあると思います。(陵辱嫌いな方は除く。)

 その反面同じようなシチュエーションが目立ち、最後は食傷気味でした。前作よりはそういう点では大きく下回っていると思います。魔術が絡んでくるため痛々しい陵辱などは少なく、そういうのが嫌いな方には向いてるのかなと思います。(獣姦などもあるので注意)。ただ、題名にあるような背徳感というのは前作に比べ大幅ダウンしている印象。沙織、まゆのキャラクターや主人公の思考回路に共感できないなどが原因かと思います。

 尺の長さは微妙に短い気がしましたが十分合格点。
 CGは及第点ですが、まれにバランスの悪いものがありました。着衣Hが少なめなのは個人的にマイナス。

 演技については、北都南さん金田まひるさんなど個人的に好きな方が多く出演していて好印象。無論演技力はいうまでもなく満点です。

 【総評】  【評価】:      62         点

総括しますと、「名作陵辱作品の中途半端な続編」といった印象です。

 私的に感想を述べるとテキスト面でも述べたとおり、「臨場感に乏しい」「背徳感が薄く感じてしまう」シチュエーションや表現方法が原因かなと思います。またシナリオごとにバリエーションのある役割をしていないキャラが多いからこそ、四角四面なシチュエーションに終始しているように感じてしまったのかなとも。主人公を先生→生徒にしてしまったこと、各ヒロインとも追い詰めが足りなかったのも背徳感を薄めているように思います。量については文句のつけようが無いのだから、もう少し見せ方を変えるだけで化ける作品なのかなと思います。陵辱系には陵辱系の気の使い方があり、それをおろそかにするとどうなるのかというのを感じさせられました。

 個人的に過剰な期待をかけていたため評価は低くしましたが、並みの陵辱系は十分しのぐものだと思います。陵辱系がほしいと思う方には一応お勧めしておきます。ただしこのジャンルは好みにより評価が大きく分かれるので、興味がある方はOHPで体験版もDLして試してみることをお勧めします。またこの作品を良かったと思われた方は、前作を激しくお勧めします。あわせてどうぞ。



■このゲームをプレイされた方は感想などがあれば感想の投稿もどうぞ■


-HOME- -攻略HOME- -掲示板- -ブログへ- -新作カレンダー-

-SAVEDATA- -デモ館- -ニュース- -レビュー-


- Gamer's Sqaure -





広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット