- Gamer's Square -

-HOME- -攻略HOME- -掲示板- -ブログへ- -新作カレンダー-

-SAVEDATA- -デモ館- -ニュース- -レビュー-


 【Title】: 遥かに仰ぎ、麗しの  【ブランド】: PULLTOP
 【ゲームタイプ】:ADV  【発売】: 2006/11/24
 【属性】:  【種別】:感動系、純愛系

【スタッフ】
シナリオ :   丸谷秀人/健速
原画・キャラザ :   藤原々々
SD原画 :   仁之丞
BGM :   ファクトリーノイズ&AG
主題歌 :   ツーファイブ
ディレクター :   朝妻ユタカ
プロデューサー :   椎原旬


【体験版等】
メーカーサイト(PULLTOP)から体験版、主題歌、
デモムービーその他がDL可能



【キャスト】

風祭 みやび :  北都南
鷹月 殿子 :  遠山枝里子
八乙女 梓乃 :  佐本ニ厘
三嶋 鏡花 :  青山ゆかり
仁礼 栖香 :  井村屋ほのか
相沢 美綺 :  安玖深音
榛葉 邑那 :  風華
上原 奏 :  木村あやか
リーダ :  天川みるく

【Amazon】遥かに仰ぎ、麗しの
【Amazon】”PULLTOP”で検索
【参考】遥かに仰ぎ、麗しの 攻略

 【Gamer's Square月別人気・不人気投票データ】
 【人気投票率】: 228票/46.5%(06年11月度)  【地雷投票率】: 3票/2.3%(06年11月度)



 【レビュー】  【執筆】: Zin さん
 【シナリオ】  【評価】:      87         点
そこは閉ざされた世界だった。
入る者を威嚇し、覚悟を求める門。
出事を拒むように囲う壁と高度なセキュリティ。
外出を制限するシステム。
広大な敷地面積の割りに少な過ぎる生徒数。
面会日に顔を出さない親達。
ゲストと呼ばれる存在。
次第に明かされてゆく少女たちが抱える『事情』の数々。
そこは、やんごとなき方々のお家事情などにより、一般社会から隔離された少女達のみが在籍している学院だった。
そこに変化が訪れる。
ある者は待ち望んだ、ある者は望まざる。
心の奥底に傷を持つ新米教師が周囲に何も無い?世界の果て?を思わせる風光明媚な半島にある上流階級のお嬢様学院、『凰華女学院分校』へ赴任する事で物語の幕は上がる。

<ネタバレ> ※ネタバレを読む場合は<>〜</>までを選択、反転表示してください

シナリオは『本校系』と『分校系』のルートにより書き手が異なるらしく、
その事が はっきり分かる内容となっています。

 本校系
・選択肢が少なく、直ぐに固定ルートに入るのでボリュームがある。
・問題の解決に主人公が深く関わり、共に歩む形が鮮明。
・最後まで主人公の印象がぶれない。
・終わりの形が少々肩透かしな所がある。

 分校系
・選択肢がそこそこあり攻略性が有るが、中盤に至るまで共通となるルートが存在
 し、本校ルートと比べてボリューム的に見劣りする。
・物語終盤にタ他の分校ヒロインに目をやると彼女達の『問題』が解決しており、主
人公の存在意義が問われそうな場面も。
・終盤関係は蜜月となり、一部情欲に溺れている辺り別人を疑いたくなる。
・終わりの形がはっきりしている。

以上は私の偏見ですが、やはり支持を集めているのは本校系らしいです。
しかしながら分校ルートの質が悪いわけではないんです。
ただ、本校ルートの出来が良すぎるので。
それ故、妙な減点となってしまったのでしょう。


<ネタバレここまで>
 【システム】  【評価】:      93         点

必要どころはキチンと揃っており、非常に快適でした。
欲を言えば、動作確認ボイスがあれば私的には100点だったかな?
とにかく、不満に思う程のところはありませんでした。

※システム関連:

・Hシーン回想
・CG回想
・メッセージ速度調整
・オートモード・速度設定
・クイックセーブ&ロード
・ウィンドウモード(640x480)
・ウィンドウモード(800x600)

 【グラフィック】  【評価】:      90         点

CGは68+プチ絵が15枚あり、造りも良く、使い方の上手さもあり満足のいく数です。
立ち絵は場面の情景と合った、動きのよさが目立ちます。

欲を言えば私的に非常に受けの良かったプチCGの枚数をもう少し増やして、
全キャラに平均的に振り分けてもらえていれば。

 【サウンド】  【評価】:      95         点

OPから作風に合った曲が流れ、TOP画面では穏やかなBGMが流れる。
劇中もイメージを壊すことなく、場面、グラフィックとの相乗効果で盛り上げてくれる。
これはEDに至ってもであり、終始『遥かに仰ぎ、麗しの』であった。

 【実用関係】  【評価】:      80         点

数20ですが、割り当ては極めて不均一で少ないキャラでは1回、最多キャラでは8回とまぁ、といった感じ。

 内訳
・本校4回
・分校16回(内二人で14回・・・)

多いキャラのは予想通りの希薄な内容です。
1回は少ないよ、って感じはありますがそこはそこ、一球入魂(古ッ)見たいな感じでそれなりに良いです。


余談ですが、近作をやってCGやSCENE数が容易に分かってしまうのは面白くありませんね。
この点、各メーカーに工夫を頼みたいところです。

 【総評】  【評価】:      95         点

とにかく出来がいい。
グラフィックとミュージックの連携がよく、システムは快適で、シナリオはボリュームがあり上質、
キャラクターは早くに至るまで個性的で設定が破綻の糸口も見せない。
これほど調和が取れ、完成度の高い作品は久々です。
初回版を予約買いしなかった事が悔やまれる程に。

いや、べた褒めで参考にならずに恐縮ながら良作に出会えど煮え切らない思いをしてきた私としては
本当に当たりでした。90点の壁を超えていく作品に出会えたことに感謝。

<次回作への希望?>
是非FDを造り、リーダ、三嶋、通販さん(名前は何だ)にライトを当ててやってください、製作者様。
勿論書き手は本校の方で。

<お勧め攻略順>
先ずは分校へ。
美綺をクリアし、さほど不満がなければ続けて栖香へ。
ここでお口直しが欲しければ本校へ。
大丈夫なら締めには邑那をお勧め。
そして本校へ。
まずはみやびと(殿子+梓乃)÷2でどちらを先にか決める。
お勧めはみやびを最後に持ってきて、梓乃⇒殿子ですが。
ただ、さほど問題もないんですが梓乃⇒殿子で有った方が宜しいかと。



■このゲームをプレイされた方は感想などがあれば感想の投稿もどうぞ■


-HOME- -攻略HOME- -掲示板- -ブログへ- -新作カレンダー-

-SAVEDATA- -デモ館- -ニュース- -レビュー-


- Gamer's Sqaure -





広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット