- Gamer's Square -

-HOME- -攻略HOME- -掲示板- -ブログへ- -新作カレンダー-

-SAVEDATA- -デモ館- -ニュース- -レビュー-


 【Title】: 恋する乙女と守護の楯  【ブランド】: AXL(アクセル)
 【ゲームタイプ】:ADV  【発売】: 2007/06/29
 【属性】:・ツンデレ、同級生  【種別】:感動系・萌え系・純愛系・燃え系

【スタッフ】

原画 :  瀬之本久史
シナリオ :  長谷川藍
OP曲 :  Rita
ED曲 :  茶太、真理絵、iyuna


【体験版等】
メーカーサイト(AXL)から体験版、ブックレット、
デモムービー、主題歌サンプルDL可能

【関連】
JANコード:4560100337261

恋する乙女と守護の楯 攻略

【Amazon】恋する乙女と守護の楯
【Amazon】”AXL”で検索


【キャスト】
春日崎 雪乃 :  青山ゆかり
椿原 蓮 :  風音
新城 鞠奈 :  北都南
穂村 有里 :  如月葵
真田 設子 :  松田理沙
桜庭 優 :  茶谷やすら
星野 麗美 :  このかなみ
シスター・リディア :  一色ヒカル


 【Gamer's Square月別人気・不人気投票データ】
 【人気投票率】: 106票/27.7%  【地雷投票率】: 4票/2.3%



 【レビュー】  【執筆】: ザイニエル さん
 【シナリオ】  【評価】:      90         点
<ストーリー紹介>オフィシャルホームページより抜粋

アイギスとは、すべての邪悪を払う楯だと言われている。
主人公、如月修史が所属する組織『アイギス』には、二つの顔があった。
一般家庭から一流企業まで、幅広く活動を行う警備会社としての表の顔……
もう一つは、対象の護衛を、時には非合法な手段を用いてでも行う、護り屋としての裏
の顔。
特殊要人護衛課に所属する新人エージェント、如月修史は、
その小さな体躯からは想像もつかない驚くべき運動神経で、これまで幾人もの要人護衛
を成功させた成長株である。

そんな修史に下った、新たな護衛任務は……なんと
『女装して全寮制女子校に潜入し、女学生として生活しながら、対象を護衛せよ』
――という、無茶すぎる内容だった。

「ムリですって! つーかムリだ! 俺、男ですってば!」

慌てふためく修史の肩を、彼の上司は優しく叩く。

「大丈夫、お前ならきっとやれる。だってこんなにカワイイし。よしよし」

そう。修史は小さな体躯だけでなく、中性的な顔立ちに、トーンの高い声の持ち主。
一見するとボーイッシュな女の子にも見えなくはない。

嫌がる修史を無理やり、現場へと投入するアイギス。
そして修史は出会う。
護衛対象となる女の子たちに……

 決して、自分の正体がバレてはいけない。
 決して、自分が男だと悟られてはいけない。
 そして、護衛対象を護り抜かなければならない。

女学生『山田妙子』として潜入した修史を待ち受けていたのは、禁断の花の園。
全てが女子で覆い尽くされた、綺羅の空間。
既に学園へと潜入している同業者と、敵のエージェントが入り乱れ、学園には、スリリ
ングな毎日が溢れかえっていた。

時には文化祭、時には調理実習と女学生らしい生活を送りつつ……
毎日の女装に気合を入れ、修史は日々、護衛対象となる女の子たちを見守り続ける。

果たして修史は、彼女たちを護りきることができるのか……?
如月修史と女の子たちとの、奇妙な学生生活が始まろうとしていた。



<コメント>

いわゆる、女装男子?の女子高もので、コメディとシリアスが半々程度でテンポが良く、スムーズに話が進んで行きます。コメディ部分は主人公の女装に対するギャップやそれに気付かない周囲とのコンビネーションで面白く作られていました。シリアス面においては、負の部分である主人公の護衛としての側面や相手側の殺し屋との側面との対比がゲームを際立たせています。各個々のシナリオは予想よりボリュームがあり、話を二転三転させ物語をうまく作り上げています。アクションシーンや演出面もストーリーを盛り上げ、うまく話しに入り込んでいきま
す。

攻略対象は5人、それ以外の人物との回想シーンはありません。複数狙いのルートだとBADエンドに行きやすいため、最初から1人に絞ったほうがいいでしょう。

「以下ネタバレ」

雪乃や他のキャラの過去や家族関係をもう少し深くつっこむべきではなかったでしょうか?
個人的に麗美と優のルートが欲しかったですね。
有里ルートの前半が旨く出来ていた分、後半が短くまとまっていたので、もう少し時間をかけて
シナリオを練って欲しかったです。


「ネタバレここまで」

 【システム】  【評価】:      95         点

■システム(機能)

・Hシーン回想
・CG回想
・ボイスカット・個別調整
・エフェクトカット・調整
・メッセージ速度調整
・オートモード・速度設定
・未読スキップ
・クイックセーブ&ロード
・サムネイル(セーブ/ロード画面)
・ジャンプ機能(シーンスキップ)
・右クリック・キー等の割り当て
・ウィンドウモード(800x600)

■システム(コメント)

回想にはHシーンの他、BADエンドとHAPPYエンドがあります。
これらとは別に、メッセージショート化スキップとターニングポイントがあります。
メッセージショート化スキップは、あらかじめショートシナリオを数行×複数ページに
まとめておき、本編を省略できる機能です。
通常のメッセージスキップの時間が省略できるため、攻略が進めやすいです。
ターニングポイントは、一つ前の選択肢に戻る機能です。
これらの点で、他のゲームよりユーザーの事を考えて作られている部分があり評価できます。

 【グラフィック】  【評価】:      85         点

CGは全部で201枚、差分は含めていません。

各キャラや銃やナイフ等の小道具も精密に描かれ、かなり質の高い物になっています。

コミカル画においても表情が豊かで、各キャラの魅力を引き出しています。

 【サウンド】  【評価】:      90         点

シーンの変化に応じて様々な曲を使い、物語に沿ったいいメロディを使っています。

特筆すべきは、各キャラのエンディングに応じてED曲が変化する所です。

ただ3曲のため、攻略キャラが5人なので、5曲の方が良かったかと。

 【実用関係】  【評価】:      80         点

■実用(シーンの種類)

・ラブラブ
・フェラ


■実用関係(コメント)

主人公が奥手のせいか、複数を相手するものは入っておりません。

各シーンにかなりの割合でフェラが入っています。

純愛系のため、変わったシーンを期待しない方がいいでしょう。

 【総評】  【評価】:      88         点

総合的に中々の良作に仕上がっています。

コメディ部分とシリアス部分がうまくマッチして、一風変わった学園物になっていますが、それがゲームとしての面白さを増しています。

各キャラとも二面性があり、通常見せない表情や性格が印象深いものになっておりキャラの魅力を高めています。

後は、各キャラをもう少し時間をかけて掘り下げていけば、もっといい作品になったのではないでしょうか?

主人公の修史にもボイスがあった方が良かったかもしれません。

買って損はない作品でした。



※空さんもレビューを書かれています。興味のある方はこちらもどうぞ





-HOME- -攻略HOME- -掲示板- -ブログへ- -新作カレンダー-

-SAVEDATA- -デモ館- -ニュース- -レビュー-


- Gamer's Sqaure -





広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット