- Gamer's Square -

-HOME- -攻略HOME- -掲示板- -ブログへ- -新作カレンダー-

-SAVEDATA- -デモ館- -ニュース- -レビュー-


 【Title】: こんな娘がいたら僕はもう…!!  【ブランド】: あかべぇそふとつぅ
 【ゲームタイプ】:ADV  【発売】: 2006年09月29日
 【属性】:ツンデレ・姉系・妹系・同級生・幼馴染  【種別】:感動系・萌え系・純愛系・実用系

【スタッフ】
原画・キャラクターデザイン :  有葉
シナリオ :  衣笠彰梧
ムービー :  神月社


【ムービー等】
メーカーサイト(あかべぇそふとつぅ)から
デモムービー、体験版、壁紙がDL可能。

※修正パッチが公開されています

【参考】こんな娘がいたら僕はもう…!! 攻略


【キャスト】
三瀬 綾菜(みつせ あやな) :  安玖深 音
小松 あすか(こまつ あすか) :  夏野こおり
神無月 真帆(かんなづき まほ) :  金田まひる
鈴原 志乃(すずはら しの) :  柚木サチ
下柳 沙希(しもやなぎ さき) :  北都 南
大音 渚 (おおね なぎさ) :  紫華すみれ

【関連】

【Amazon】こんな娘がいたら僕はもう…!! 通常版
【Amazon】”あかべぇそふとつぅ”で検索



 【Gamer's Square月別人気・不人気投票データ】
 【人気投票率】: 176票/32.3%(06/09投票結果)  【地雷投票率】: 11票/6.2%(06/09投票結果)



 【レビュー】  【執筆】: 空 さん
 【シナリオ】  【評価】:      84         点
(ストーリー紹介)

私立里見ヶ丘学園に通う黒沢透(主人公)は、1年前に起こしたある事件以来、
無気力な日常を送っていた。

そんな日常にある日変化が訪れることになる。
陽射しの照りつける真夏、透は一匹の不思議な猫と出会う。

猫はこの町の守神だと名乗った上で、自分が弱っていることを告げた。
回復のためには人間たちの愛情が必要だと言い、
その力を溜める協力をして欲しいと頼み込まれてしまう。

その日から、猫の力をきっかけに、
本来仲良くなるはずのなかった少女たちと、透は心を通わせていく。

やがて猫の力が消えたとき、
透と少女たちの関係はどうなっていくのだろうか?


甘〜い青春時代を堪能できる、もう我慢できない…!!

学園ラブエッチストーリー!

(コメント)

【シナリオ】83点

ススムというこの町の守神とか名乗る猫によって日常に変化が出るという話ですが、メインヒロインの綾菜
シナリオ以外はファンタジーな部分はありません。(そのススムが関わるイベントで少しはあります)
完全に萌えを重視した作品なので、萌えを求めてプレイする人にとっては気にならない程度かと思います。

主人公である透は、入学後の事件から問題児として扱われ、どのシナリオでもその改善が関わってきます。
全てのシナリオが同じようなエンドではなく、大多数の生徒や教員の認められる系のエンドと大切な彼女や
友人に認めてもらえれば系のエンドがあります。

大爆笑とまでは行かないものの、テンポ良く安定して笑いながら楽しむことができました。
ただ、あすかはうるさ過ぎてイライラさせられたり、志乃は静かすぎて眠くなったりと、シナリオにもっと魅力が
あれば違ったかも知れませんが、ヒロインを好きになれないとコンプリートには躓くかも知れません。

個人的に良かったシナリオは真帆と沙希で、真帆シナリオは他よりも長い上に作りこまれているので、後半の
二人の努力が認められる演出には普通に感動できました。
沙希シナリオは主人公の過去の出来事に遡ったりと核心部に触れて内容が充実していますが、主人公が沙希
のことをいつ好きになったのかよく分からない上に、エッチもあまりにも急で気持ちが理解できませんでした。

どのシナリオも付き合い始める前まではなかなかの出来ですが、その後はシナリオ中軸の進行かエッチという
感が強く、ある程度、恋愛疑似体験的なものを求めている自分にとっては物足りないところです。
主人公の家に同居する展開が多いのも結局エッチする為だけの設定のように思えてしまいますし、十分
萌えれるヒロイン達なので勿体ないところでもあります。

突っ込み所を少なくさせる為の辻褄合わせは上手いですが、
<ネタバレ>下足箱や上履きを狙われるいじめ問題は、上履きを毎日家に持ち帰れば<ネタバレここまで>
回避できると思いました。

各ヒロインのシナリオ内容は下のキャラクター紹介で

【キャラクター】90点

「黒澤透(主人公)」

1年前の入学後に起こした事件のせいで、生徒や教員に避けられている存在。
短気でよく喧嘩もしていたようですが、落ち着きのある場所の方が好きな様子。
実家を出て一人暮らししているのですが、正直説明不足で沙希シナリオの終盤の薄れはこれが原因じゃないかと。

「三瀬綾菜(安玖深音)」

主人公以外の男には冷たくて、ふわふわ浮いているような女の子はメインヒロインとしては珍しいかも知れません。
昔から好きだった主人公との過去に触れて距離を縮めていく物語です。

「小松あすか(夏野こおり)」

アニメ・マンガ大好きな年下のオタクっ子は、賑やかいを超えてうるさいの領域。
そんなヒロインを、静かでゆったりとした環境が好きな主人公が好きになってしまう様子が描かれます。
似ている訳ではないですが、D.C.の美春が好きな方には合うかも。

「神無月真帆(金田まひる)」

金髪&ツンデレ&ポニーテール。
転校生で出会い方に問題があり初めは主人公に強く当たりますが、オープニング頃には大分落ち着いてきます。
でも付き合い始めてからも、他人の振りをしてツンツンしたり。
共通ルートの話は、転校してきた彼女を悩ませる<ネタバレ>いじめ問題<ネタバレここまで>が中心です。
主人公とそれを乗り越え、さらなる高い目標を目指します。

「鈴原志乃(柚木サチ)」

里見ヶ丘学園の制服にあこがれて入学を目指す、実年齢よりも5歳は幼く見える女の子。
大人し過ぎて、妹属性の自分でも眠くなったり。
主人公の良いところがよく出ていたシナリオでした。

「下柳沙希(北都南)」

ツンとかクールとかいうよりは、主人公を無視するような態度をよくとります。
が、まさかこれほど変わるとは…
外見や性格は好みでないのですが、北都南さんにやられました。
毎日<ネタバレ>料理を作るのに殺人級の腕前<ネタバレここまで>と、本当によく笑わせてくれます。
主人公の過去の核心部に多く触れるという意味で、シナリオ的にはメインヒロインかも知れません。

「大音渚(紫華すみれ)」

<ネタバレ>進級試験で全教科のテストに名前を書かず0点になり、先生の考慮も断り留年するとい超大バカ者で
「ぶっ殺すぞ!」が口癖の
<ネタバレここまで>ツンデレデレヒロインです。
僕の勝手な憶測ですが、透と同じ学年になりたいが為だったのでしょうか。
シナリオは短いですが主要人物がみんなよく登場するので、一番賑やかで笑えたシナリオした。
<ネタバレ>「ぶっ殺すぞ!」<ネタバレここまで>が出るたびに繰り返し再生して楽しんだり。

みんな可愛いですが、強烈な印象を残したヒロインはいなかったのでこの点数です。

【演出】80点

テキストで笑えたのもありますが、画面効果や効果音の多様が大きいように感じました。
主人公には唯一の男友達が一人いるのですが、彼の言動で笑えることはあるものの、周りのキャラの彼に対する
反応が冷たく見ていてテンションが下がることが多かったです。

 【システム】  【評価】:      95         点

■システム(機能)

・Hシーン回想
・CG回想
・ボイスカット・個別調整
・エフェクトカット・調整
・メッセージ速度調整
・オートモード・速度設定
・未読スキップ
・クイックセーブ&ロード
・バックグラウンドでの動作
・サムネイル(セーブ/ロード画面)
・右クリック・キー等の割り当て
・ウィンドウモード(800x600)


■システム(コメント)

特殊な機能はありませんが、非常に快適で不都合に感じることはありませんでした。

右クリックはコンフィグ画面とメッセージウィンドウを隠すの二択。
ウィンドウの不透明度調整があるのが良かったです。
ハーレムエンドにはエクストラ(おまけ)画面から行けます。

右クリックのバリエーション(スキップなど)とプロローグがスキップできると完璧でした。

 【グラフィック】  【評価】:      85         点

渚以外のヒロインが20枚程度(うち実用シーンCGが半分強)、他は渚とハーレムで差分なし117枚です。
CGと立ち絵共に多少顔や髪に崩れがありましたが、サンプルを見て属性が合うと感じれば問題ないと思います。
立ち絵がバリエーションが多いのに対して、CGは差分があっても1枚あたり3つ程度と少ないですが、キャラ
の気持ちを表現する画面効果があったりと工夫が見られました。

オープニングムービーは神月社さん。

 【サウンド】  【評価】:      80         点

【ボーカル曲・BGM】70点

オープニング主題歌1曲、BGMは35曲。
音質は良いですが、ボーカル曲・BGMともに至って普通でした。
主題歌だけやたらに音量が大きいです。

【声優】90点

志乃の声がちょっと大人びて感じました。
見ての通り超豪華な声優陣で、キャラ重視であることからここに力を使ったのだと思います。

声優さんから興味を持たれる方もいると思うので

「安玖深音」: 朝霧 麻衣(夜明け前より瑠璃色な )、相沢 美綺(遥かに仰ぎ、麗しの)、
        エミリー・ウィンスレット(幼なじみと甘〜くエッチに過ごす方法)、速水 伊織(青空の見える丘)
        小日向 すもも(はぴねす!)、日下部 加奈子(群青の空を越えて)

「夏野こおり」:東雲由佳子(ナツメグ)、椎名希未(サナララ)

「金田まひる」:巴真紀奈(Nursery Rhyme−ナーサリィ☆ライム−)、蟹沢きぬ(つよきす)、海老塚信乃(_summer)

「柚木サチ」:ナゲット・クリノクロア(おいしい魔法のとなえ方。サブキャラ)

「北都南」:芳乃さくら、みっくん(D.C.シリーズ)、プリムラ(SHUFFLE!)、霧夜エリカ(つよきす)
      風祭みやび(遥かに仰ぎ、麗しの)、御堂琴音(幼なじみと甘〜くエッチに過ごす方法)
      新城鞠奈(恋する乙女と守護の楯)、明日宿傘(いつか、届く、あの空に。)

「紫華すみれ」:車輪の国、向日葵の少女(大音灯花)、 鹿山ヒカリ(幼なじみとの暮らし方、サブキャラ)

紫華すみれさんは結構印象に残っているのですが、出演作品少ないんですね。

 【実用関係】  【評価】:      85         点

■実用(シーンの種類)

・ラブラブ
・フェラ

■実用関係(コメント)

渚が2シーン、ハーレムが3シーンで、他のヒロインが5〜7シーン、合計34シーンです。

各ヒロイン1シーンずつ、ススムの魔法?でヒロインと付き合うことになる前に、夢の中でのエッチシーンがあり
シナリオの中では現実的でない(自然でない)シチュエーションが楽しめます。

<ネタバレ>
個人的には真帆がよく、ツンデレキャラというのは、これまでは完全にデレになってのエッチが多かったのですが、
彼女の場合はシーン中でも「透なんかに感じる訳がない」的な発言があり、シーン中でもツンからデレへの変化が
あるのが好きです。ほとんどMだと思っていた自分ですが、少しはSもあるのかなと実感しました。

エッチは付き合い始めてからすぐで、ヒロインから「終わっても捨てないで」発言が続出します。
主人公の性格がよく出ていて、学校やレストラン・公園・街中と場所もムードも考えずにやりたいと
ヒロインに迫ります。

<ネタバレここまで>

確かにシチュエーション的には同じシーンが多いです。
キャラの個性が出るテキストにはなっていますし、なんでこっちのヒロインにはこのシチュがないんだ、というような
思いをすることは少ないかも知れません。

イベントそのものに私服姿が少ないですし、制服姿でのシーンが中心です。
この制服が良いと感じた方は大いに楽しめると思いますが、多すぎて飽きる方もいそうです。
主人公もCGに書かれる絵が数枚あり、大抵は良いですがゲッソリした表情のものがありやる気がなくなることも
ありました。声優さんは◎、思考行動文テキストは普通

キャラが立っているところと、「こんな娘がいたら僕はもう…!!」の気持ちが分かる演出が好感です。

 【総評】  【評価】:      85         点

ヒロインに魅力はありますが、エッチ以外のイベントは少ない上に演出も微妙で、シナリオも突起したものでは
ないという何とも中途半端な作品になってしまっています。
ただ、学園もの好きでキャラ重視な自分にとって楽しかったのは事実、「D.C.」や「SHUFFLE!」が好きな方には
それなりに楽しめると思うのでお勧めです。
投票数の通り萌え重視の学園ものの中では万人受けしやすい内容ではないでしょうか。
タイトルからしてそう感じましが、大作を目指した作品ではないように思うので、そう意味で過度な期待はせずに、
週末の数日を使って学園ものをサクッとプレイするくらいの気持ちがいいと思います。



裏月さんからもレビューを頂いています(クリック)





-HOME- -攻略HOME- -掲示板- -ブログへ- -新作カレンダー-

-SAVEDATA- -デモ館- -ニュース- -レビュー-


- Gamer's Sqaure -





広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット