- Gamer's Square -

-HOME- -攻略HOME- -掲示板- -ブログへ- -新作カレンダー-

-SAVEDATA- -デモ館- -ニュース- -レビュー-


 【Title】: にーづま かぷりっちょ!  【ブランド】: りぷる
 【ゲームタイプ】:にーづまドタバタADV  【発売】: 2007/06/29
 【属性】:ツンデレ・姉系・同級生・幼馴染・ロリ  【種別】:萌え系・純愛系・ロリ系

【スタッフ】
原画 :  あかつきまお
シナリオ :  火社京介
主題歌 :  真優、佐藤ひろ美

【関連】
JANコード:4520424230068

にーづま かぷりっちょ 攻略
にーづま かぷりっちょ デモムービー(デモ館)

【体験版等】
メーカーサイト(りぷる)から体験版、
デモ、主題歌、他DL可能。


【キャスト】
九重 夏実 :  金松由花
天川 凛々 :  高槻つばさ
涼城 雪菜 :  神村ひな
涼城 暖花 :  茶谷やすら
密見 永遠子 :  文月かな
古瀬 愛 :  春日アン

【Amazon】
にーづま かぷりっちょ!

 【Gamer's Square月別人気・不人気投票データ】
 【人気投票率】: 2票/0.5%  【地雷投票率】: 0票/0%



 【レビュー】  【執筆】: Asyu さん
 【シナリオ】  【評価】:      88         点
(ストーリー紹介)※オフィシャルサイトより

野々宮 円はさえない学生。根っからのネガティブ思考の持ち主故に、友達も恋人も居ない日々を過ごしていた。そんなある日、突如4人の女の子が円の家に押しかけてきた!聞けば彼女らは全員、円の『にーづま』だというではないか!見知らぬ『にーづま』の女の子達に警戒心を抱きつつも、カワイイ彼女達に四苦八苦悶絶する円。傍から見れば『バラ色』の生活の中で巻き起こる『狂騒劇』の中、『みんな仲良く♪』をモットーに円と『にーづま』達の生活は続いていく・・・・・・・。

『にーづま』達との夜の生活は千差万別。4人の『にーづま』達は、時には一人、時には二人と様々なシチュエーションでシタってきます。もちろん4人の『にーづま』以外にも様々な人間関係(?)を築いて行くことも出来ます!頼りない男、『野々宮 円』の楽しくも受難の日々は続く・・・・・・ 。 そして彼は今日も『にーづま』達に引きずられて生きていくのであった・・・・・・

(コメント)

主人公がヒロイン達と関わり、主人公が、または主人公とヒロインが成長していくシナリオが魅力です。
ただし、序盤の主人公が他のゲームと比べると、少しヒネクレ過ぎており、かなりイライラするでしょう。
しかし序盤を乗り切れれば、結構楽しめるシナリオです。
内容は、少し変わった新婚生活+学園物ですが、実はファンタジー物(天使、悪魔、魔法使いなど)だったりもします。
全4ルート(夏海、凛々、双子、永遠子)なのですが、少し欲を言うと、小春ルートも欲しかったかな
あとは、全ルート終了後にあるエピローグも独特な感じで良かったです。
全体的に選択肢が結構多いのですが、選択肢が多い分ボリュームもあるので、そんなに気にならないと思います。

 【システム】  【評価】:      74         点

■システム(機能)

・Hシーン回想
・CG回想
・ボイスカット・個別調整
・エフェクトカット・調整
・メッセージ速度調整
・オートモード・速度設定
・未読スキップ
・サムネイル(セーブ/ロード画面)
・ウィンドウモード(800x600)

■システム(コメント)

スキップの初期設定が『全て』になっているのはどうかと思うのですが、いたって普通のシステム
選択肢のたびにとまるスキップだけが少し気になります。

 【サウンド】  【評価】:      78         点

OPテーマが、この作品の雰囲気と良くあっていて良かったです。
BGMなどもシーンに合っていて良かったです。

※OP曲:真優「love recipi」
※ED曲:佐藤ひろ美「消えないひこうき雲」

 【グラフィック】  【評価】:      77         点

ところどころに使われているデフォルメキャラが良いです。
イベント時に無理に立ち絵にもどしたせいで、イベント時の服から通常の服へ戻ってし
まい不自然に感じることがあります。
そのため、「無理に立ち絵にもどさず、イベントCGのままの演出の方がよかったんじゃ
ないか?」と思う場面が多少ありますが、そこまで気にはならないでしょう。

 【実用関係(グラフィック、他含む)】  【評価】:      83         点

■実用(シーンの種類)

・ラブラブ
・フェラ
・アナル
・器具(バイブなど)
・SM(拘束など)

■実用関係(コメント)

Hシーンが多く、、複数のプレイは最大5Pまであります。
さらに、野外、アナル、パイズリ、獣化(耳、尻尾など)などもあり、ボリュームがあります。
さらには、サブヒロインたちとのシーンもあります。
しかし、シーンによっては、1シーンあたりのCG数が少ないものもあります。

<ネタバレ>
そして、これは少しおどろいたこと。
まさかプッチのシーンがあるとは思わなかった。女の子だったんだね・・・

<ここまで>

 【総評】  【評価】:      81         点

シナリオ、システムなど減点する場所があまりなく、全体的にバランスのとれた作品。
新ブランドとしては幸先良いスタートがきれたのではないでしょうか?
買って損はしないと思いますので、興味があれば買ってしまうことをオススメします。

まったく関係ないのですが、EDムービーのバランスが悪いです。
1曲終わる前に、終わってしまうスタッフロールとかどうなんだろう・・・
もうちょいCGとかでごまかして、せめてショートサイズの曲が終わるくらいは、粘って欲しいですね。



■このゲームをプレイされた方は感想などがあれば感想の投稿もどうぞ■





-HOME- -攻略HOME- -掲示板- -ブログへ- -新作カレンダー-

-SAVEDATA- -デモ館- -ニュース- -レビュー-


- Gamer's Sqaure -





広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット