- Gamer's Square -

-HOME- -攻略HOME- -掲示板- -ブログへ- -新作カレンダー-

-SAVEDATA- -デモ館- -ニュース- -レビュー-


 ナースのお勉強 応用編〜受けシチュ以外は絶対禁止〜  【ブランド】: アトリエD
 【ゲームタイプ】:医療実習受けシチュADV  【発売】: 2008/04/18
 【属性】:ツンデレ・同級生・OL  【種別】:萌え系 ・純愛系・実用系

【スタッフ】

■原画:さっぽろももこ、なつめえり
■シナリオ:灰猫

【体験版等】
メーカーサイト(アトリエD)から
デモムービー、主題歌がDL可能

【Amazon】ナースのお勉強 応用編
【Amazon】『アトリエD』で検索


【キャスト】

松ノ下 音乃 :  小倉結衣
西村 麻衣 :  青葉りんご
鷹野 雛 :  佐藤千幸
東雲 さくら :  小倉結衣
尾羽 由佳里 :  那須伽伶
伏見 いつき :  成瀬未亜
和歌宮 つむぎ :  吉川華生

 【Gamer's Square月別人気・不人気投票データ】
 【人気投票率】: 実施予定  【地雷投票率】: 実施予定



 【レビュー】  【執筆】: 空 さん
 【シナリオ】  【評価】:      60         点
(ストーリー紹介)※オフィシャルサイトより


全寮制の聖クレセント記念病院付属看護学校の2学期が始まる――。
看護学校には女の子がたくさんいるから、という不純すぎる動機から看護士の道を志した主人公「平野健康」。

思惑通り、看護学校に入学したまでは良かったのだが――。

新設されたばかりのこの看護学校は、なんと、新入生の男子は健康だった一人!
しかし、寮長で現役ナースの「松ノ下音乃」さんの計らいで、女子寮で暮らせることになった健康は、
女の子だらけの中、エッチでドキドキな看護学校1学期を送ることになった。

そして――。夏休みを終え、新たな出会いと、さらなるエッチの予感を感じさせる2学期が
始まろうとしていた……。

(コメント)

入門編の続きだと思っていましたが、そうではなく1学期の間に友達になったヒロインたちと
夏休み後さらに進展するという話でした。

期間は9月いっぱいくらいまでで、プレイ時間も一人当たり1時間くらいと短いです。

看護の授業や研修での出来事が主なシナリオ。

シナリオ的に良かったのは、患者であるいつきルートで、長期入院で手術が控えているという
設定なのでシナリオも作りやすかったのだと思います。

他のヒロインのシナリオは特にないというか、授業や研修を切磋琢磨する様子が坦々と描かれる感じで、
脇役のさくらが少し面白く序盤は楽しめましたが、後半はシーン回収の為に進めている程度の内容です。

受けシチュが作品の売りということで、受けシチュになるような過程が描かれている訳ですが、
他の女の子に目が行っていたとか、実習で実験台にされていた主人公が喜んでいたとか、
そういう嫉妬からお仕置きみたいな形が殆どです。

で、主人公がMだと発覚して、ヒロインによってはシチュエーションが少し過激になったりします。

シナリオ:60
テキスト:50
キャラクター:70
キャラの演出:60

実用シーンも含めてテキストが合格点を出せない内容で、面白くないだけでなく、毎回毎回同じような
パターンで、実際は違うのだと思いますが、同じようなセリフを聞いているような感覚になりました。

主人公はそれほど癖がないので、不愉快になることは少ないかと。
ちなみに名前は健康(たてやす)と呼びます。

ヒロインですが、由佳里だけは非処女だと思います。

 【システム】  【評価】:      85         点

■システム(機能)

・Hシーン回想
・CG回想
・ボイスカット・個別調整
・メッセージ速度調整
・オートモード・速度設定
・未読スキップ
・バックグラウンドでの動作
・サムネイル(セーブ/ロード画面)
・ウィンドウモード(800x600)

■システム(コメント)

プレイはし易かったです。
ただ、マウスを一番右端に持って行くと、隠しウインドウが出て来ますが、マウスの矢印を右に
持って行く癖がある自分にとっては目ざわりでした。

メッセージ速度を最速にしても、ノーウエイトになりませんが、反応はいいのでそれ程気にする
ことはないと思います。

OPが曲だけ流れて、画面がムービーにならなかったりしますが、修正バッチが出ているので
当てれば直ると思います。

 【サウンド】  【評価】:      67         点

【ボーカル曲】65点

OPとEDの2曲です。
電波っぽい曲ですが、何しろムービーが動作しなかったりするのであまり聞いていないです。

そこまで悪くはないという評価で。

【BGM・効果音】65点

BGMは12曲、ただOPやEDのボーカルなしをどこかで使っていたかも知れません。
麻衣といつきの実用シーンでよく流れるピアノ風のBGMが良かったです。
不快になるような音楽はなかったので、こちらも悪くはないという評価。

【声優】70点

容姿と性格と声が合っているかというと微妙ですが、こういう実用ゲームの場合、合っていなくても
特徴が出ていれば結構よく思えてくることもあるので、そういう意味では良かったと思います。

麻衣といつきは見たまんまの声ですが、他3名は少し個性が強いので、サンプルボイスを聞いて
確認しておいた方がいいと思います。

 【グラフィック】  【評価】:      75         点

差分なし合計89枚で、各ヒロイン15枚程度とバランスはとれています。

シンプルな絵ですが結構好きなタイプで、プレイ前から気に入っていましたが、残念なところが2つ。

・顔の崩れが多い
・余分なCGが非常に多い

まず
>顔の崩れが多い
正直言って、公式にしろ販売サイトにしろ、良いCGをサンプルに選んだように感じるくらいです。
どのヒロインも後半は目立っていました。やはり顔の崩れは特に実用レベルを下げます。

>余分なCGが非常に多い
これはシナリオにも言えることですが、ユーザーから見れば要らないCGがとにかく多い、多過ぎます。

授業での様子を演出することは、プレイヤーから見れば退屈なものの悪くはないですが、そこにCGを
使うなら実用シーンを1つでも多く作れと。プレイし終わって2番目に言いたいことはこれです。

ベッドから患者さんを移動させる練習でCGを6枚も使っているんですよ。
萌えを狙ったのか、どうしても看護学校の雰囲気を伝えたかったのかは知りませんが、一瞬で過ぎ去る
場面にCGはこちらから見れば要りません。

とは言ったものの、背景ともに適当に書かれた印象はないですし、好きなタイプなのでこの点数です。

 【実用関係(グラフィック、他含む)】  【評価】:      75         点

■実用(シーンの種類)

・ラブラブ
・フェラ
・アナル
・器具(バイブなど)

■実用関係(コメント)

CGが2枚埋められていないので正確ではありませんが、多くても34シーンと少なく、由佳里が多め、
いつきが少なく、サブヒロインはないくらいに思った方がいいです。
(CGの空いてる場所からしてシーンは全て見ていると思うので、32シーンだと思います。)

主人公受けのシーンは全体の7割くらいで、予想よりは少なかったですが、割合的に不満はありません。
「受けシチュ以外は絶対禁止」とサブタイトルに書かれていますが、処女の子が多い訳ですし、初めから
絶対なんて言葉は信じていませんでした。

最大の不満は、麻衣といつきに受けシチュが殆どないとこと。

全体で7割ですが、麻衣といつきが2割くらいで、他が9割なので平均して7割くらいということです。

麻衣が萌え要員で、いつきがシナリオ要員だったならこんなサブタイトルいらないでしょうし、
このタイトルに引かれて買った人にとってはどれも余分だったと思います。

部分的に可愛いと思うことはありましたが、テキスト的に萌えを見せようとするのは厳しいレベルです。

由佳里、つむぎ、雛はというと受けシチュが多いですが、べ二バンシチュがこれまた多く偏りがあります。
1人あたり2シーンありますし、個人的にあまり好きではないので、手コキやフェラを合わせてくれていた
のに少し救われました。

他は、手コキ、足コキ、フェラ、パイズリ、69、顔面騎乗、騎乗位と見た目のシチュエーションには
あまり工夫がありません。

受けと一言で言っても色々ありますが、この作品はヒロインがリードする様な形ではなく、言葉責めや
主人公が少し痛みを伴うシチュが多いのが特徴です。

珍しいシーンというと、麻衣の赤ちゃん言葉責め、あとつむぎに逆正上位でべ二バンでアナル責めされながら
唇を歯で切られノックダウンされるシーンがあります。
数そのものが少ないですし、受けシチュの中でバリエーションをもっと増やして欲しかったです。

あとH全体に言えることですが、シーンに突入すると主人公が空気を通り越して人形になります。

ゲームは常に主人公視点ですが、シーン中はヒロインに視点が変わったんじゃないかと思うくらいです。
乙女ゲーじゃないですし、視点がヒロインに感じてしまうのはどんなものかと。
ヒロインへの反抗は一切ありませんが、逆にMっぽいところを出すかというとそうでもありません。
とにかくやられているだけ。ヒロインの玩具です。


 【総評】  【評価】:      68         点

つむぎと雛から始めた為、期待には応えてくれるかと思っていましたが、麻衣といつきにガッカリしました。

受けシチュに変わる面白さがあれば、それはそれで楽しめたと思いますが、B級萌えゲーでよくあるシーンを
抜きゲーでやっても使えるどころか萌えもないです。

シチュエーションの工夫が足りないのとテキストレベルが低いので属性が合っても使いにくかったです。

部分的には使えたので、それなにり楽しめたというところでした。

べ二バンでアナル調教されたい方にはお勧めできる作品です。


作品の傾向(評価ではありません)

感動:★☆☆☆☆
萌え:★★☆☆☆
笑い:★☆☆☆☆
エロ:★★★★★
演出:★☆☆☆☆
容量:★☆☆☆☆
遊び:★☆☆☆☆
特徴:ペ二バンシチュが多い

※演出は技術面について。容量はシナリオを重視した作品はシナリオの長さ、エロを重視した作品はエロ
 の量、バランスが取れている作品はどちらも考慮、またCG枚数にもよる。遊びは主にゲーム性。



■このゲームをプレイされた方は感想などがあれば感想の投稿もどうぞ■



-HOME- -攻略HOME- -掲示板- -ブログへ- -新作カレンダー-

-SAVEDATA- -デモ館- -ニュース- -レビュー-


- Gamer's Sqaure -





広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット