- Gamer's Square -

-HOME- -攻略HOME- -掲示板- -ブログへ- -新作カレンダー-

-SAVEDATA- -デモ館- -ニュース- -レビュー-


 【Title】: 車輪の国、向日葵の少女  【ブランド】: あかべぇそふとつぅ
 【ゲームタイプ】:ヒューマンドラマADV  【発売】: 2005/11/25
 【属性】:同級生、幼馴染  【種別】:感動系
【スタッフ】
主題歌 :  片霧 烈火
ムービー :  神月 社
原画 :  有葉
企画・シナリオ :  るーすぼーい

【体験版等】
メーカーサイト(あかべぇそふとつぅ)から体験版、
デモムービー、主題歌、壁紙などがDL可能

【その他】

【Amazon】車輪の国、向日葵の少女 通常版
【Amazon】車輪の国、悠久の少年少女(1/26予定、FD)

【参考】車輪の国、向日葵の少女 攻略

【関連】
その他”あかべぇそふとつぅ”のゲーム

【キャスト】
日向 夏咲(ひなたなつみ) :  新城 麻奈
三ツ廣 さち(みつひろさち) :  芹園 みや
大音 灯花(おおねとうか) :  紫華 すみれ
まな(まな) :  神月 あおい
卯月セピア(うづきせぴあ) :  盛 啓介
南雲えり(なぐもえり) :  蔵田まりや
大音京子(おおねきょうこ) :  風音
法月 将臣(ほうづきまさおみ) :  さとう雅義



 【Gamer's Square月別人気・不人気投票データ】
 【人気投票率】: 69票/16.4%(05年11月度)  【地雷投票率】: 2票/1.9%(05年11月度)



 【レビュー】  【執筆】: Asyu さん
 【ストーリー紹介】  

(オフィシャルサイトより)

初夏。
  
罪を犯すと『特別な義務』を負わされる社会。

罪人を更正指導する『特別高等人』という職業を目指す主人公・森田賢一は、

その最終試験のため、とある田舎町を訪れる。

『1日が12時間しかない』『大人になれない』などといった義務を負う少女たちと学園生活を送るが、

『恋愛できない』少女・夏咲と出会ってから、賢一の歯車が狂いだす。

崖にひっそりと建てられた自分の墓、山間洞窟に隠された父親の遺産が次々と賢一を追い詰めた。

贖罪を問われた男が見た、車輪の国の真実とは……。

重厚な世界観を軽妙なタッチで描いた、感動のヒューマンドラマ。

 【シナリオ】  【評価】:      93         点

序盤から、重い感じの話になっていますので、重いのが嫌な人はやめたほうがいいかもしれません。
が、重い分、かなりグッとくるシーンもあるのでオススメです。
全5章構成で、1章につき1キャラにスポットを当てていくタイプ(2章目から)
1章目まで、序章な感じになっています。
かなり良かったのは2章と3章
正直泣けます。
あとは、璃々子の登場の仕方もかなり驚かされました
いろんなとこで、予想外な展開に驚いてた気がしますw

シナリオ全体について
シナリオを全体的に見るとほとんど1本道
分岐によってHシーンの有無とエピローグ部分が変わってくるだけです。
なので、2周目以降はスキップが長いです・・
そしてシナリオ全体で感じたことは、「物事は思ったとおりにいかない」ということ
それが個人的には現実感があり、かなり良かったです。
でも、もちろん最後はハッピーエンドですよw
ハーレムエンドがさりげにあるのも良い点かもしれません。

 【システム】  【評価】:      78         点

未読スキップ、既読スキップの早さは文句がなかったのですが、選択肢後、いちいち止まるのが少しストレスになりました。
もう1つは各章エンディング(スタッフロール)がスキップできないことです。
これもストレスになりますね。
あとは、シーン回想は、Hシーンのみでなく、エンディング(エピローグ部分)も回想できます。
そのほかに、コンフィングにショートカットキー一覧(F1キーなど)も見れたりして便利でした。

システム(設定、機能) :

Hシーン回想、CG回想、ボイスカット・個別調整、エフェクトカット・調整、メッセージ速度調整、未読スキップ

 【グラフィック】  【評価】:      80         点

この作品を一言で表現しろと言われたら、向日葵というくらい向日葵が印象的でした。
まぁ、タイトルにも出てきているくらいですからね
原画の人は、魂響とおなじ人
魂響のときは、正直好きではなかったのですが、やはり原画は上達とでもいうのでしょうか?少し変わるだけで、全然違いますね・・
なので今回の原画は、個人的には好きな方です。
特に灯花とまな・・・この2人はキャラ的にも好きです。
CGは枚数的には、多くもなく少なくもなく・・
全体的に向日葵が背景なCG比率が高く感じました。
あと、たまに登場するデフォルメキャラも良かったです。

 【実用関係】  【評価】:      70         点

Hシーンが少なすぎな気が・・・
多いキャラで2シーンとは・・・
2シーンあるのが、璃々子と灯花
そのほかの人は1シーン
個人的に好きだったのは、さちのオフロ場のでHシーンと、璃々子の抱き合いながらのHシーン
さらに、すごく個人的な意見を言うと、できれば最後まで半脱ぎでしてほしかった・・
あとはハーレムエンドがあるのに、ハーレムなHシーンがないのがすごく残念だったかも。

※Hシーン関係:ふ○ら、 らぶらぶH

 【総評】  【評価】:      86         点

基本的に特に文句はないのですが、あえて上げるならHシーンがもう少し多くても良かった気が・・
システムももう少し快適にできれば完璧だった気もします。
シナリオに関してもうすこし言うと、分岐点が結構序盤のほうなので、そのせいで2周目以降スキップずくしになってしまう気も・・
あとは、個別ルートをもう少しつくっても良かった気がします。
そうすることでかなり完成度が上がる気がします。
しかし、現状のままでもシナリオの出来がいいので、個人的には今までやったPCゲームのなかで5本の指に入るんじゃないかと思っています。



■このゲームをプレイされた方は感想などがあれば感想の投稿もどうぞ■





-HOME- -攻略HOME- -掲示板- -ブログへ- -新作カレンダー-

-SAVEDATA- -デモ館- -ニュース- -レビュー-


- Gamer's Sqaure -





広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット