- Gamer's Square -

-HOME- -攻略HOME- -掲示板- -ブログへ- -新作カレンダー-

-SAVEDATA- -デモ館- -ニュース- -レビュー-


 【Title】: 車輪の国、悠久の少年少女  【ブランド】: あかべぇそふとつぅ
 【ゲームタイプ】:ヒューマンドラマADV  【発売】: 2007/01/26
 【属性】:ツンデレ、姉系、妹系、同級生、幼馴染  【種別】:感動系、 萌え系

【スタッフ】
原画・キャラデザ :  有葉
企画・シナリオ :  るーすぼーい

【Amazon】車輪の国、悠久の少年少女※FD
【Amazon】車輪の国、向日葵の少女※本編
【Amazon】”あかべぇそふとつぅ”で検索


【キャスト】
阿久津 将臣 :   
雑賀 みぃな :  草柳順子
アリィ・ルルリアント・法月 :  篠崎双葉
樋口 三郎 :  後野祭
日向 夏咲 :  新城麻奈
三ツ廣 さち :  芹園みや
大音 灯花 :  紫華すみれ
樋口璃々子 :   



 【Gamer's Square月別人気・不人気投票データ】
 【人気投票率】: 67票/8.2%  【地雷投票率】: 5票/2.9%



 【レビュー】  【執筆】: Asyu さん
 【シナリオ】  【評価】:      85         点

シナリオを大まかに分けるとヒロインたちの後日談と番外編の2種類にわかれます。
ヒロイン4人の話ですが、エピローグ後の後日談ではなく、車輪の国、向日葵の少女の本編終了〜エピローグ
ヒロインによっては、少しだけエピローグ後もあったりします。
個人的には、璃々子ルートがなかなか笑えておもしろかったです。
夏咲は、ファンディスクによくある、ラブラブ、まぁノロケ系な話ですね。
灯花は、料理の話、さちは、まなを探しに絵を描き続けている話です。
瑠々子も、どっちかといえばノロケ系な話です。

将臣の過去編ですが、こちらは、前作の、向日葵の少年少女 と同じ感じの構成のお話。
これで、前作の雰囲気などを思い出してみてはいかがでしょうか?
相手の心を読み裏の裏をつくこれぞ車輪だ!と思っていいくらい良かったです。

そのほかには、南雲えりの遅刻理由のシナリオもありますが、こちらは何かぱっとしません。
どういう風に?と聞かれるとこまりますが、なんだかぱっとしないシナリオです。
プレイしていただければ分かると思います・・・w

全シナリオをクリアするとOMAKEというのが選択かのうになります。
こちらは、前作の本編の疑問に答えるもの+前作のハーレムエンドのエピローグ前の話となっております。


ヒロイン、OMAKE編は、前作本編→今回のファンディスク本編→前作エピローグという感じ。
エピローグ後の話に期待してた人は、かなりがっかりするかもしれません。

 【システム】  【評価】:      70         点

システム(機能)
・Hシーン回想
・CG回想
・ボイスカット・個別調整
・エフェクトカット・調整
・メッセージ速度調整
・オートモード・速度設定
・未読スキップ
・サムネイル(セーブ/ロード画面)
・右クリック・キー等の割り当て
・ウィンドウモード(800x600)

このほかにスペースキーの機能選択などがあります。
使い勝手は前作動揺、あんまりストレスは感じないです。
ただ、言うとすれば、前作動揺、選択肢の選択後が既読文でもスキップが停止するところ・・・
あと、ファンディスクだからなのか、クイックセーブ、ロードがないです。
これを、改善できれば、システム面では、特に問題ないと思われます。

 【グラフィック】  【評価】:      70         点

背景は、前作の本編と部隊が変わらないので、前作の使いまわしぽいのに、
ヒロイン編の新規CGが少ない気が・・・

最近プレイした作品のCGが多すぎたのかは、わかりませんが少なく感じました。

ファンディスクだからこんなものといえば、こんなものかも?を思うかもしれませんが、
もう少しヒロイン編の通常イベントCGを増やして欲しかったです。

 【実用関係】  【評価】:      85         点

前作の少ないHシーンをここで補った感じに仕上がってます。
1人基本3シーン
前作のサブキャラ達、南雲えり、まな、大音京子とのHシーンもあります。
もちろん、過去の法月編でも、みいなとのHシーンが1シーンだけですが、あります。
今回、なぜかコスプレなようなものがが多い・・・
水着、エプロン、スーツなど・・・
3Pもあったりします。
ファンディスクとしては、しっかり期待に答えたのではないでしょうか

 【総評】  【評価】:      80         点

ファンディスクというものは、基本本編後に結ばれた2人のノロケ話が中心の場合が多いですが、
この作品はしっかり車輪らしさをのこしつつも、ファンディスク的な要素もとりいれた良作かと思います。

ただ一つ残念なのはエピローグ後の話がないこと
特に瑠々子ルートは少し気になっていたので残念といえば残念です。



■このゲームをプレイされた方は感想などがあれば感想の投稿もどうぞ■






-HOME- -攻略HOME- -掲示板- -ブログへ- -新作カレンダー-

-SAVEDATA- -デモ館- -ニュース- -レビュー-


- Gamer's Sqaure -





広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット