- Gamer's Square -

-HOME- -攻略HOME- -掲示板- -ブログへ- -新作カレンダー-

-SAVEDATA- -デモ館- -ニュース- -レビュー-


 【Title】: タユタマ -kiss on my deity-  【ブランド】: Lump of Sugar
 【ゲームタイプ】:恋する乙女の神通力ADV  【発売】: 2008/07/11
 【属性】:妹系・同級生・幼馴染  【種別】:感動系・萌え系・純愛系

【スタッフ】

原画 : 萌木原ふみたけ
シナリオ : 史方千尋
音楽 : 大川茂伸

【体験版等】
メーカーサイト(Lump of Sugar)から
OPムービー、体験版等がDL可能

【Amazon】タユタマ -kiss on my deity-
【Amazon】『Lump of Sugar』で検索


【キャスト】

泉戸 ましろ:松田理沙
小鳥遊 ゆみな:青戸由羽
如月 美冬:三咲里奈
河合 アメリ:花野香

【参考】タユタマ -kiss on my deity- 攻略

【デモ館】タユタマ OPムービー

 【Gamer's Square月別人気・不人気投票データ】
 【人気投票率】: 39票/13.1%  【地雷投票率】: 12票/12.2%



 【レビュー】  【執筆】: 空 さん
 【シナリオ】  【評価】:      87         点
(ストーリー紹介)※オフィシャルサイトより

主人公・泉戸祐理は八衛神社の一人息子。
バイクや、自転車いじりが好きで、一級整備士か設計開発の仕事に就きたいと考えているが、実家である
神社のことでも迷っていて、明確な目標にはなっていない。
定まらない将来に漢たる不安を抱きながらも、友人の河合アメリや要三九朗らと共に、創聖学院での学生
生活を謳歌していた。

そんな彼が最上級生になる直前、春休みのこと。
学院で行われていたグラウンド拡張工事の際、奇妙な遺跡が出土する。
偶然その場に居合わせた祐理は一人、全く違う方向で遺跡に興味を抱く。
実家の神社でしか見たことがなかった一風変わった文様が刻まれていたのだ。

八衛神社には『たゆたゆ様』と呼ばれる神様の伝説があった。
それは周辺地域一帯の守護神だが、粗末に扱えばとんでもない災害をもたらすというもの。
出土した遺跡にも『太転依(たゆたい)』と読める文字が刻み込まれている。
さらに、遺跡一帯で飛び回る小さな小さな物の怪までも発見してしまう。

祐理、アメリ、三九朗は、出土した遺跡の扱いを間違えれば大変なことになるのではないかと危惧するも、
神主の父親ですら迷信だと一蹴、担任教師や学院の理事なども取り合ってくれない。

やがて、遺跡に対する科学鑑定の結果が出る。
『学術的には無価値』
破壊するか移転するかについて結論は検討の余地を残していたが、工事は続行されることになった。
新学期の始まりまでにグラウンドの拡張工事は終了するというスケジュールは不変。

これに危機感を覚えた祐理は夜、アメリや三九朗と共にひそかに学院に忍び込み御魂移しを行おうとする。
仮に遺跡が破壊されても、そこに宿る神様には失礼のないようにという神社の一人息子らしい発想だった。

しかしこの儀式によって、本当に神様らしきものが現れてしまう。
その高貴な佇まいに威厳すら感じさせられるそれは、古めかしい口調で祐理に滔々と語り始める。
この地に封じられた、太転依(たゆたい)という物の怪たちの物語を――。

そして迎えた、始業式の日。
あの夜、学校に忍び込んでいたことについてフローレスの生徒会長・如月美冬に追及されながら、祐理は
昨夜の不思議な出来事を気に掛けていた。
そんな彼の前に、同じ年頃の女の子が現れる。
戸惑う祐理に、彼女がいきなり言い放つ――。

『さあ、五百年越しの夢を叶える時です!
人間と太転依が共存できる新しい世の中を”私たち夫婦で”切り開きましょう!』

その彼女『ましろ』の登場により、風雲急を告げる祐理の学園生活。
幼馴染のアメリは嫉妬で拗ねてごねまくり、三九朗は何の役にも立ってくれない。
妹同然に育ったはずのゆみなには、ましろとの仲を誤解されて嫌われて、美冬には猜疑心満載の視線を向
けられて追いかけ回される。
そして当のましろは空気も読まずにベタベタしっぱなし。
彼女は一体何者なのか? そもそも太転依って何なんだ? 泉戸祐理の明日はどっちだ! 

(コメント)

プレイ時間は一週目は長く10時間ほど、2人目からは既読文が多くなり4時間程度でした。
演出面はそれほど凝っている訳ではありませんが、見た目のクオリティが良く完成度の高い作品です。
常にある程度の問題を抱えて進むシナリオなので、ヒロインとの生活を楽しむ形の作品ではありませんが、
状況が暗くなってもプレイヤーのテンションを下げさせないような工夫があり、萌えゲーであることを
意識した作風になっています。

簡潔に言いますと、太転依の中には悪い奴も居て、そいつらを倒したり仲間にしたりするお話で、互いを認め
合ったりこれまですれ違って来た思いを知ることで、人間と太転依が共存できる新しい世の中を目指します。

シナリオの特徴としては、強い敵が複数いるので山場が数回あり、その回ごとメインのましろ以外のヒロインが
強く関わるので、どのシナリオに入ってもヒロイン全員とある程度和解するとこができ親密になります。

山場が数回ある上、目的が序盤から明確なので、シナリオ全体を通してダラダラしないところが良いところですが、
どのヒロインルートに入っても迎え撃つ敵は同じなので、終盤まではその場に居るヒロインとの会話が違うだけで
シナリオの大筋は変わりません。なので、二週目以降はシナリオを楽しむというよりは、キャラとの会話を楽しむ
というイメージが強くなります。

悪く感じたところは、それぞれのシナリオで襲ってくる敵の順番が入れ替わり、その理由が全くないことです。
早い時期から主人公とヒロインを付き合わせシナリオを進めたかった為に、そのヒロインが大きく関わったイベント
を初めに持っていたのだと思いますが、あまり自然とは言えませんでした。

とくにヒロインたちは奇人揃いなので、こちらから見れば言動にご都合展開は多く気になるところは多いです。
小説や漫画などの一本道のシナリオならもっと上手く表現できたシナリオでした。


シナリオ:80
テキスト:80
キャラクター:95
キャラの演出:90

主人公は、ウジウジしならがらもやる時はやるタイプ、ヒロインに関しては僕のとらえ方が世間とは大きく違う
ようなので、体験版をプレイして見て下さい。ましろや美冬は、完璧人の様に見えて、物の考え方に偏りがあり、
それを人に押し付けようとするところなんかは非常に人間らしくて良いと僕は思います。

シナリオ単体で見ると、ご都合的な上に分岐シナリオには向かないタイプでもあるので、不満な点も多いですが、
告白のシーンは工夫が多く、萌えゲー定番のあ〜んシーンは過去最高でした。

付き合っていることが周囲にバレるシーンが好きな方には一押しです。主人公はどのシナリオでもましろと一緒に
いることが多いので、周りにはましろ以外の子には興味がないものと勘違いされる訳ですが、それが覆される瞬間は
見てるこっちがドキドキしました。

 【システム】  【評価】:      90         点

■システム(機能)

・Hシーン回想
・CG回想
・ボイスカット・個別調整
・エフェクトカット・調整
・メッセージ速度調整
・オートモード・速度設定
・未読スキップ
・クイックセーブ&ロード
・サムネイル(セーブ/ロード画面)
・右クリック・キー等の割り当て
・ウィンドウモード(800x600)

■システム(コメント)

選択肢は少なくゲーム性はない作品ですが、プレイのし易さ以上の機能を組み込んでいます。

・プレイ中いつでもBGMを変えられるミュージックプレイヤー
・バックログからロード可能
・テキストに表示されないエフェクトボイス
・画面効果のエフェクトは7種類ON/OFFで調整可能
・プレイ中に流れているBGMの情報テロップ

その他、ウインドウ透明率調整、カーソルの自動追尾などもあり、機能の装備は凄いですが、
エフェクトの動きは重く、快適にプレイできるとは言えません。

画面の見やすさと文字の読み易さはかなり良かったです。
こいうところでも完成度の高さを感じ取れました。

 【サウンド】  【評価】:      88         点

【ボーカル曲】85点

8曲あります。kiccoさんが歌う「瞬間スプライン」と「Cherry」が好きです。

告白シーンと終盤で挿入歌が流れますが、シーンの短すぎてサビまで聞けないことが多いことが残念でした。
ゆみなシナリオの終わりは力が入っていましたが、他のシナリオは黒画面でスタッフロールが流れるだけで
もう少し飽きずに聞ける工夫をして欲しかったです。

【BGM・効果音】95点

BGMは29曲で、内容もハイレベルにまとまっています。

テキストで表示されない会話も効果音として表現していたりと工夫もあります。

【声優】90点

小鳥遊ゆみなの声は初め違和感がありましたが、いつの間にか引き込まれるくらい好きになっていました。
容姿的には他に無難な選び方もあったと思いますが、思い切った起用がプラスに出ています。

エロをもっと頑張ってほしかったというのは少しあります。

 【グラフィック】  【評価】:      95         点

choco chipさん、てんまそさん、克さんに並んで好きな原画家さんです。

人物CGは差分なし合計94枚で、アメリとましろのCGはエクストラに振り分けれれているので、
少し多めですが、どのヒロインもバランスは良いです。

他、鑑賞モードでは、カットインと背景画も見ることができます。
カットインは61枚、背景は34です。

差分は少なく、多くても3回くらいしかありません。
戦闘シーンやキスシーンはカットインを使って表現しています。

基本的にファンタジーなこともあり戦闘シーンは解りにくかったですが、ほとんどをテキストに頼っていた
前作から一番進歩した項目だと思います。


 【実用関係(グラフィック、他含む)】  【評価】:      80         点

■実用(シーンの種類)

・ラブラブ
・フェラ
・器具(バイブなど)
・SM(拘束など)

■実用関係(コメント)

4シーンずつで、どのシーンも2〜3枚のCGを使っているので尺は長めです。

エロくはないので、ヒロインに萌えても使えるかは微妙なところだと思います。

シチュエーションは普通の純愛作品によくある内容かというと、そうでもありません。

ヒロインが小さい状態の時に襲ったり、濡れてないのに強行で本番に入ったり、ヒロインが
いきなり分身して4Pが実現したり、ヒロインが通販で買った器具を使いヒロインを拘束して
バイブとディルドで責めたりします。


 【総評】  【評価】:      90         点

プレイするまで、前作の「いつか、届く、あの空に。」よりもヒロインの魅力の低下を気にしていましたが、
そんな心配は全く無用で、とにかく声を聞いているだけで楽しかったです。

下の作品の傾向を見ていただきたいですが、悪いところとしてどの分野も突起したところがありません。

なので、ヒロインを好きになれるかなれないかで評価が決まりそうですが、暗くさせないような展開も好みで
今年の作品の中では理想に近い作品でした。

90点を付けましたが、見た目のクオリティは気にしないという方は少なくとも−5点してください。

イチャラブをもっと引き伸ばしてほしかったですが、演出はなかなかいいので萌えゲー好きな方なら幅広く
楽しめる作品だと思います。

お弁当を食べるあ〜んのシーンや付き合っている相手が周りにバレる演出など必見イベントが沢山あります。

感動、萌え、エロどれでもいいので、他には負けないものがあることを4作目には期待したいです。



作品の傾向(評価ではありません)

感動:★★★☆☆
萌え:★★★★☆
笑い:★★☆☆☆
エロ:★★★☆☆
演出:★★★★☆
容量:★★★☆☆
遊び:★☆☆☆☆
特徴:ハイクオリティ

※演出は技術面について。容量はシナリオを重視した作品はシナリオの長さ、エロを重視した作品はエロ
の量、バランスが取れている作品はどちらも考慮、またCG枚数にもよる。遊びは主にゲーム性。




■Asyuさんもこの作品のレビューを書いておられます。興味のある方はこちらへ■

「タユタマ -kiss on my deity-」 2008年6月27日発売!

-HOME- -攻略HOME- -掲示板- -ブログへ- -新作カレンダー-

-SAVEDATA- -デモ館- -ニュース- -レビュー-


- Gamer's Sqaure -





広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット